必要な自動車またはバイクの免許を取得

まずはどのようなドライバー業務をしたいのかを決めておこう

ドライバー業務と一口に言っても、その仕事内容は様々です。例えば、お客様や園児などの人を出発地から目的地に運ぶのか、荷物を届け先まで運ぶのかだけでも仕事内容は大きく異なります。同じ人を運ぶドライバー業務であっても、それぞれ行先が異なるタクシードライバーと、それぞれの家で高齢者をピックアップして同じ目的地である介護施設まで運ぶ介護ドライバーでも仕事内容に違いがあります。まずは自分がどのような形でドライバー業務をしたいのかを、事前にしっかりと決めておくと良いでしょう。ドライバー業務と言っても仕事内容によっては取得しておかなければならない資格や免許も異なりますので、就職や転職の際にも無駄がなくなります。

仕事を始める前に免許を取得しよう

ドライバー業務の中でも一般的に良く知られているのが、タクシードライバーの仕事です。街中でもよく見かけるタクシーですが、実は普通の運転免許を所持しているだけでは働くことができません。タクシードライバーとして働くためには必要な免許が二種免許で、お客様を車に乗せて運賃が発生する場合に必要になります。同じように人を乗せる幼稚園や介護施設の送迎バスのドライバーの場合は、別途運賃が発生せずにドライバー業務が施設の業務の一環として見なされるため二種免許は必要ありません。またバイク便など中型バイクで荷物を届けるドライバー業務の場合は、中型バイクの免許の取得が必要となります。ドライバーとして働くためには自分が持っている免許でどのような仕事ができるのかを知っておくと良いでしょう。

運転手の募集は、初心者でも応募しやすいです。特殊免許取得の補助をしてくれたり、研修制度が充実しているからです。