地理に詳しくなる

地理に詳しいのはドライバーにとって武器になる

ドライバーにとって最も必要なものに、車を上手に運転する技術と、「地理に関する知識」があります。目的地まで人や物を届ける場合、地理の知識というのが必ず必要になります。また、指定の場所に行くためには、最短の地理や近道などを把握すると時間の短縮になって有利です。地理に詳しければ詳しいほど、ドライバーの仕事で活躍することができるでしょう。タクシードライバーになるためには、二種免許だけでなく地理試験の合格が必要になる場合があります。地理試験に合格すれば、タクシードライバーの求人に応募する時の武器にもなります。ドライバー関係の求人では地理に詳しくなくても大丈夫なものもありますが、ドライバーとして仕事をするためにはいずれ地理を覚えなければならないので、応募する時の準備として詳しくなっておくのも良いでしょう。

地理に詳しくなる方法

道をしっかり覚えていなければ、業務中に道を確認したり、迷ったりして時間内の移動が困難になり、色々な人に迷惑をかけてしまいます。事故などの理由で回り道をしなければならないこともあるので、不意のトラブルにも対応できるように、周辺の地理を把握しておかなければなりません。地理に詳しくなるために、地域の主要な駅やランドマークとなる施設などは全て覚えておきましょう。そして、地理に詳しいドライバーになるためには地図を活用します。実際に地図を見ながら走行することで、周りの風景や道路の形状を頭の中に記憶し、道に詳しくなっていくのです。道を覚えるためには、実際に何回も走ることが大切です。失敗と成功を繰り返しながら、頭と体に道を覚えさせていきましょう。